よくある質問

よくある質問



家庭用核シェルター関するよくある質問です。


Q家庭用シェルターは停電時も対応可能ということですが実際にはどのように対応するのでしょうか?
A蛇腹(ジャバラ)のポンプのようなもので2時間引く押す作業をすることで24時間電源なしで対応可能です。1日4人で30分づつ作業することで済みますので停電時でも安心です!
Q家庭用シェルターの取り付けはどのような工事となりますか?
A取り付け工事に関して工事時間は約半日です。 ご近所の電気屋に手配して工事を行います。 2m離した11㎝の穴を2箇所あけます。 当商品は日本で取り扱うことが出来るように100V対応になっております。
Qマンションでも取り付けは可能でしょうか?
Aマンションの場合、元の穴を利用する以外の方法として1つの部屋の窓を少し開けた状態にし、部屋の中にシェルターを取り付け対応する方法がございます。 詳しくはお問い合わせください。
Q地下シェルターでなくても大丈夫でしょうか?
A核シェルター(家庭用空気ろ過機)を取付けていない場合、死の灰の放射性物質は風下に、(メガトン数にもよりますが)かなり広範囲に被害をおよぼし100~3.000km位まで影響を与えるといいます。 熱風、爆風の被害は通常3~5km以内位と言われ、それ以上には及ばないであろうことを考えますと、現在のお部屋に核シェルター(家庭用空気ろ過機)を取り付けているだけで、無防備の状態にくらべて、かなりの防災効果を発揮し、ご家族とその御子孫の安全、貴重な資産が守られます。(1週間の水、食料、簡易トイレも忘れずにご用意ください。)
Qフィルターのメンテナンスはどうしたらいいですか?
Aイスラエル製エアコン型シェルター(家庭用空気ろ過機)のろ過機を外して当初の重さより1割重くなっていればご連絡ください。湿気により最大の効果を得ることが出来なくなります。目安として地下シェルターに設置している場合は1年に1回、地上に設置している場合は2年に1回確認してください。
フィルターは3回までメンテナンスすることが可能です。
株式会社シェルターまでお送りいただければ専用の機関で有料メンテナンスを行うことが可能です。

※メンテナンス期間は約2週間を予定しておりますが混み具合等により前後することを了承ください。

その他のろ過機はお問い合わせください。