本文へスキップ

地震・津波・放射能・竜巻・火山灰・核から生命と財産を守る避難場所設置のご相談は株式会社シェルターへ

お問い合わせは直通:090-3351-0710

新着情報NEWS

地下シェルター

地下に造られる目的は、核攻撃を想定し、爆風や熱波空の防


地下シェルター

地下に造られる目的は、核攻撃を想定し、爆風や熱波空の防護と散らばった放射性物質による被爆を避けることが目的となり、地下室をコンクリートで覆い、中津地中深くに設置することなどが重要となりますl。その出入り口は金属製、またはコンクリートをも併用した暑い耐圧・耐火ドアがj用いられることになります。加えて、放射性物質などを室内に侵入させない為、機密性が最も重要視されます。同時に生存のためには空気の換気が必須であり、高性能な専用濾過機能を取りつけて汚染された外気を安全な空気に変えて外部から室内に空気を取り込みます。尚、新築時にシェルターを組み込むように施工すれば、建築費の削減も可能です。



本社モデルルーム



見学可能です。