核シェルターとは?

核シェルターとは?

核シェルターの機能と特徴

NBCRE
耐放射能、耐核兵器、耐火、耐圧などさまざまな防災機能を備えた地下シェルター

防備ゼロから安心・安全・保全へ

広島・長崎に投下された原爆は、TNT火薬に換算して2万トン相当、つまり23キロトンにあたります。1メガトンの核兵器は、広島・長崎クラスの原爆の50倍の爆発があります。しかし破壊力は50倍ではありません。
科学的には3√50=3.68倍と算定されます。また地形・建物や木立などの抵抗により、実際の破壊力は、その1/2程度に減少すると推定されます。
安心
核爆発の現象
広島・長崎型核兵器の被害範囲


●核爆発の被害は通常、総合的に作用する。
●核爆発に伴い、放射性物質を生成し、残留放射能による放射能汚染地域を形成する。
●長崎型22KT ※KT=TNT10の6乗
●広島型12KT
資料提供:NBCR対策推進機構

核シェルター(家庭用空気ろ過機)を取付けていない場合、死の灰の放射性物質は風下に、(メガトン数にもよりますが)かなり広範囲に被害をおよぼし100~3.000km位まで影響を与えるといいます。
熱風、爆風の被害は通常3~5km以内位と言われ、それ以上には及ばないであろうことを考えますと、現在のお部屋に核シェルター(家庭用空気ろ過機)を取り付けているだけで、無防備の状態にくらべて、かなりの防災効果を発揮し、ご家族とその御子孫の安全、貴重な資産が守られます。

ろ過装置が始動しますと室内の気圧が高くなっていくので汚染した空気は隙間から流入することを防ぎますが、より安全にする為に隙間にガムテープを強力に貼ってください。また、エアコンや換気扇等、外気が入るところはポリケースなどで覆いください。
停電時、1日に対して3時間程度の間隔をあけて、手動すると24時間回し続ける必要はありません。放射性物質、毒ガス、細菌等汚染した空気は瞬間的に通過し、減すい率が早くスイスやヨーロッパ等シェルターの普及している国においても2週間程度の食糧、水及び簡易トイレ等を前もって準備しておけば、その部屋がシェルターとなります。日本では知識が少なく地下室が密閉された箱の中に何ヶ月も避難する必要があると思いこんでいますが、それは米軍基地や原発施設の近くに住んでいる方及び、ミサイルの着地点に近い場合のみです。

爆風のみの強度

1013hpa(1気圧)用シェルターは、10キロトン核兵器(広島原爆)の、爆発による圧力に対し、爆心から約660m離れていれば安全。1メガトンの場合約2600m離れていれば耐えられるように設計されている。各国の民間用は1気圧用が標準になっている。

死の灰のガンマ線の強さを滅衰させる三大要素
1:時間

7時間後 10分の1
2日(7×7=49時間)後 100分の1
2週間(7×7×7=343時間)後 1000分の1
14週間(7×7×7×7=240時間)後 1万分の1

2:距離
ガンマ線の強さは距離の自乗に逆比例して減る。
距離が2倍になればガンマ線の強さは1/4になる。
ガンマ線の強さ

3:材料(厚さ-cm)

素材
シェルターの天井厚(コンクリート)40cm、土被り60cmであれば、ガンマ線の強さは1万分の1以下に減る。